So-net無料ブログ作成

アライアンス・アライブ [ゲーム]

とりあえずこれを言わねば幻想水滸伝ファンは名乗れません。
村山さん、お帰りなさい―――!!!!


アライアンス・アライブ

アライアンス・アライブ

  • 出版社/メーカー: フリュー
  • メディア: Video Game


そんな訳で、幻想水滸伝1~3(完成直前)までの生みの親、村山さんがRPG界に帰ってきました!
アライアンス・アライブです。購入して早速プレイ始めました。

シナリオは問題なし。ヒロインがナナミちゃんみたいだなーとか、トカゲさんがジョー軍曹ポジションかしらとか、これ待つことに対するポリシーじゃないの!!!(フリックさんが言いそう)とか、レンさんの飄々としたばっさり感が好感度高かったりとか、楽しくやれてます。
BGMは浜鍋さん。いい曲作る人ですが、個人的には壮大すぎてねむくなったりしないでもないけど、聞いてて聞き流せるものばかりで悪い曲はないです。
システムはサガシリーズっぽい……と言ってもサガと言えばロマサガミンストレルソングしかやりこんでない私が語れることではないのですが、ひらめきみたいな覚醒が楽しかったり、戦闘もスピーディーでかつ2倍速とかもできるので、さくさくできてます。フィールドもありますが適度な広さでRPGらしい楽しさができてます。
声優さんはついてません。声なしRPG久々だったので、最初少し違和感がありましたが、すぐ慣れましたし、やっぱりRPGは声無しの方が好きだなあとか思っちゃったり。
イラストも最初独特だなあと思っていたけど、今は慣れてちょっとした表情の動きがかわいいなーとか思ったりしてます。

そんな訳で、楽しくプレイしてま~す!

少年魔法士が最終巻 [漫画]

先日、少年魔法士の最終巻が発売されました。

少年魔法士 (19) (ウィングス・コミックス)

少年魔法士 (19) (ウィングス・コミックス)

  • 作者: なるしま ゆり
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2017/05/25
  • メディア: コミック


懐かしいウィングスのコミックです。不定期にずっと連載していたのですが、この度無事最終回を迎えて、先日最終巻も発売されました。

レヴィさんが好きで、その顛末だけが知りたくておっかけてきましたが、無事最後まで見届けられました[わーい(嬉しい顔)]
レヴィさんほんと私好みだと思うんですよね。へたれで、ダメな部分たくさんあって、それを自覚していて頑張っていて、一方で世界で一番の結界師で。レヴィさんの幸せは本当にわかりやすくて、複雑な物語の中のとっても単純な部分だったことがさらにいいなあと思った次第です。レヴィさんに複雑な感情抱いている部下の人も好きだったけど、最後の顛末が描かれてなかったのが残念だったかな。レヴィさんはこれからどうするんだろう。楽園で生き続けるのか、それとも、やっぱりパパやりたくて戻ってくるのか。
最後のエピソード的には、嫉妬して拗ねてるところがかわいいなと思いましたし、途中のらっきょうエピソードが大好きだったり、主人公Sに信頼されて頼りにされているところと、それを喜んでいるところが大好きでした。

ずっと買い続けてた漫画が終わるのはやっぱりさみしいなと思うけれど、ちゃんと終わってくれて嬉しいとも思っています。最近新しい漫画を開拓できてないのだけれど、そろそろ何か探すかなーとも思いつつ。

スターオーシャン5 [ゲーム]

思えばながなが日記をかいてなかったけれど、おおむねいつも通りに元気してました。

さてさて、まったりゆっくりやりすぎてなかなか終わらなかったスターオーシャン5のエンディングを先ほど無事拝見いたしました。



プレイ時間は結局27時間位でした。やりこみはしてません。
で、感想。

エマーソンさんが主人公でした[わーい(嬉しい顔)]
いや、ちゃんとフィデル目立ってるんですけど、最後にナレーション担当してるから、余計に目立ち方が半端ないし、スターオーシャンシリーズと言えばな一族ですから格が違うというか。まあへたれ一族なんですが。
ゲーム内容はエマーソンさん中心に楽しみました。仲間内ではヴィクトルさんが好きで、そんなヴィクトルさんがエマーソンさんを真面目に褒めまくって、いつもちゃらいエマーソンさんがめっちゃ戸惑ってるのに噴きましたよ。そりゃあ、一族とか家系の上滑りの褒め言葉には慣れてるけど、あそこまで正面から本人自身を褒められたことがあんましなかったからかなーとか思ってみたり。ついでに言えば途中、「引いて立て直した方がいい」というヴィクトルさんに「ひけない時もある。おまえならわかるだろ」とかエマーソンさんに言われてましたが、そこまでの信頼どこで構築されたの、と笑い所でした。
あと、物凄くストライクだったのはドラクロアさん。名前さえ覚えられない位のモブなのですが、恐ろしい程の美人で、思わず出てきたときに2度見しました。名前がめっさ悪役なんですが、キャラクターとしてはエマーソンさんの副官で、実戦はちょっと苦手だけど信頼感は絶大。めちゃめちゃなエマーソンさんにいつも苦労させられてる感と、たまにちょっと心配されてたところがキュンときました。

ストーリーはまあ、スターオーシャンですから可もなく不可もなくですね。
他はともかくヴィクトルさんだけは、なんで仲間にいるんだろうと時々思わないでもなかったです。まあきっと、ものすごく律儀な人なんだと思ってますが。

残念なのは戦闘。ばっさり感が足りない。なんだかひのきの棒で敵をなぐってる感があって、その切れなさ具合の感覚がストレスだったなーと。
いろんなキャラも自由に使えたのですが、戦闘が終わった後に歩く担当のフィデルにいちいちキャラクター変更されるのがめんどくさくて結局最後までフィデル使ってました。わずらわしさがなかったら、ヴィクトルさんとかエマーソンさんとか使いたかったなーと思いました。

映像は無駄に綺麗です。何が無駄って、その無駄の部分がスターオーシャンたる所以というか、宇宙戦闘ですね。オタクが楽しそうに作ってる感が見ていても楽しいです。あそこまで気合入れずともいい普通のシーンなのに、多分一番気合入ってたんじゃなかろうかと。

街から街への移動も大変で、フィールドも広め。瞬間移動が使えるのがかなり後になってからなので、それまでは歩くのが大変すぎて、結局脇道はあんまりそれられなかったです。ただ、瞬間移動が使えるようになってからは、色々依頼もこなしましたが、瞬間移動もちょっとめんどいところがあるのが、まあスターオーシャンですから。

で、スターオーシャンと言えばウェルチです。今回もウェルチ健在で楽しくていいキャラでした。ほんと、あのキャラ好きだなあと改めて。ウェルチだけイベントはちゃんと拝見しましたよ。まあ、スターオーシャンを楽しむ上ではウェルチを外しちゃだめですね。で、ウェルチの担当と言えばアイテムクリエイションなんですが、そっちはあんまりだったかなあ。最後の方は自由素材で自由にできるのもあったけど、普通の部分は何ができるのかというワクワク感が少し乏しかったなーと。

以上。不満はあるけど、それなりに楽しかったと思います。いい暇つぶしでした。ちなみに普通難易度でやったら開始早々に全滅したので、イージーモードに切り替えてやったのにいろんな場所で全滅とかハラハラしたりとかしてました。スターオーシャン相変わらず難しいなあと改めて。

続いてドラクエヒーローズ2始めました。
そういえばピサロ様今回はオンライン専用キャラなんだ……って悲しく思いつつ、ククール君を楽しみに進めようと思います。



デビルサバイバー2ブレイクレコード170時間超 [ゲーム]

ペルソナ5やってから無性にトリアングルム編のヤマトさんに会いたくなって、ついうっかり3DSを起動してしまいました。
という訳で、気づいてみたらデビサバ2BR、プレイ時間がついに170時間超。リメイク作品でここまでやってるってのが本当にあり得ない位凄いなーと我ながら。

デビルサバイバー2 ブレイクレコード

デビルサバイバー2 ブレイクレコード

  • 出版社/メーカー: アトラス
  • メディア: Video Game


以下、ペルソナ5とデビサバ2BRのネタバレを容赦なくしているので、ご注意ください。

ネタバレ注意


ペルソナ5 [ゲーム]

先程ラスボス撃破、エンディング拝見いたしました!

ペルソナ5 - PS3

ペルソナ5 - PS3

  • 出版社/メーカー: アトラス
  • メディア: Video Game


総プレイ時間84時間。やりつくしなんて全然できてないけど、とても楽しかったです!

ストーリーはペルソナっぽいけど終わってみたらデビサバっぽくもあったかなと思ってます。ネズミ小僧的感覚なので勧善懲悪に近いかもしれない。
戦闘は普通が既にハードモード。普通敵に普通に死にます。最後の方はあまりにやられるのでつい、イージーに変えてしまったのですが、直後に主人公がムドオン一撃でやられて全滅。イージー……? 2回程見返しました。イージーが普通のゲーム位の難易度、みたいです。
大好きな悪魔の筆頭、クー・フーリンとラスボスまで戦えたのがやっぱり嬉しかったな。使える悪魔にするために、かなり上位のかなりいい悪魔をアイテム化するという無謀な事したりしてました。……犠牲になったジークフリードにはほんと悪い事したな。でもおかげでクー一本でラスボス戦えました。MPが尽きてアイテム足りなくてどうしようかと思ったけど。
戦闘として最後の日は自由に行動する事ができなくて、その癖ダンジョンが長くてちょっと大変でした。どこまで続くのかなーとつい攻略本眺めたり。
音楽もいいし、ストーリーの展開もよかった。
某パレスでケルベロスが出て来た時にはヤマトさんを想って胸が痛くなってついうっかり捕えられたヤマトさんが拷問の末に闇堕ちさせられた妄想までたぎらせましたが……はい、一番萌えたのはヤマトさんです(当然、全く無関係で一かけらも出てないけど)。あれは、仕方ない仕方ない。ついでに言えば隣の悪魔にも萌えました。というか笑いました。伝説上の通りに姿形が化け物じみた醜悪になってくれたらもっと惚れ直したのに。

そんな訳で、最後の方は少し息切れしてしまったけれど、それでも最後までちゃんと楽しくやれました。ペルソナなので、1日1日過ごして行かなきゃいけないから、サブイベントすっ飛ばして一直線で、ってやろうと思ってもできないから普通にやっても80時間超えるようなゲームですが、じっくりゆっくりやる分には文句なしに名作だと思います。

いいゲームって、やっぱりいいなあと改めて。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。