So-net無料ブログ作成
検索選択

少年魔法士が最終巻 [漫画]

先日、少年魔法士の最終巻が発売されました。

少年魔法士 (19) (ウィングス・コミックス)

少年魔法士 (19) (ウィングス・コミックス)

  • 作者: なるしま ゆり
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2017/05/25
  • メディア: コミック


懐かしいウィングスのコミックです。不定期にずっと連載していたのですが、この度無事最終回を迎えて、先日最終巻も発売されました。

レヴィさんが好きで、その顛末だけが知りたくておっかけてきましたが、無事最後まで見届けられました[わーい(嬉しい顔)]
レヴィさんほんと私好みだと思うんですよね。へたれで、ダメな部分たくさんあって、それを自覚していて頑張っていて、一方で世界で一番の結界師で。レヴィさんの幸せは本当にわかりやすくて、複雑な物語の中のとっても単純な部分だったことがさらにいいなあと思った次第です。レヴィさんに複雑な感情抱いている部下の人も好きだったけど、最後の顛末が描かれてなかったのが残念だったかな。レヴィさんはこれからどうするんだろう。楽園で生き続けるのか、それとも、やっぱりパパやりたくて戻ってくるのか。
最後のエピソード的には、嫉妬して拗ねてるところがかわいいなと思いましたし、途中のらっきょうエピソードが大好きだったり、主人公Sに信頼されて頼りにされているところと、それを喜んでいるところが大好きでした。

ずっと買い続けてた漫画が終わるのはやっぱりさみしいなと思うけれど、ちゃんと終わってくれて嬉しいとも思っています。最近新しい漫画を開拓できてないのだけれど、そろそろ何か探すかなーとも思いつつ。