So-net無料ブログ作成
検索選択

法月綸太郎とペルソナ5 [日常生活]

さて、私が幼少期に初めて一般図書で読書した作家さんと言えば、
綾辻行人さんの十角館の殺人、我孫子竹丸さんの8の殺人、そして法月綸太郎さんの誰彼です。
昨日、法月綸太郎さんの作品、一の悲劇が初めてのテレビ化とあいなりました。

一の悲劇 (祥伝社文庫)

一の悲劇 (祥伝社文庫)

  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 1996/07/20
  • メディア: Kindle版


で、直前まで全くの情報を入れていなかったのですが……当日のテレビ欄見てむちゃくちゃ不安になりました。
オリジナルキャラクター……コミカルとか……何、って。
一の悲劇は、読書した時2時間サスペンスにしたら絶対面白いのにと思っていた作品だったので、原作部分はドラマでも上手く作られていたと思います。
長谷川さん演じる綸太郎があのノリノリで空気読まずに推理してご満悦になったあげく……ちょっと残念な所がとってもらしいなあと思いますし、法月パパも自然に綸太郎との会話が想像できる感じがいいなあと。威厳がある部分と、綸太郎(の推理力)を信じてる所と、親子そろって首かしげてる所とか、無条件での信頼感が本当にいい感じで出ていたと思います。

が、家政婦が死ぬほどうざい。
これだけは見ていて腹立たしい程イライラしました。

時代にあわないという事でやむを得ない改変があったと思われますが、なかなか頑張って作られていたと思います。
なんだかんだ楽しかったので、家政婦を出さないなら続き作って欲しいなあとは思いました。

さて、据置ゲームはテイルズオブベルセリアも無事終わり、ペルソナ5に入りました。

ペルソナ5 [PS3]

ペルソナ5 [PS3]

  • 出版社/メーカー: アトラス
  • メディア: Video Game


ベルベッドルームに入った瞬間に泣くかと思いました。
……いえ、声優さんが悪いのではないんです。むしろ好みの渋めの声で大変良いと思うのですが、前の声優さんがお亡くなりになった事を改めて感じてしまって。
ゲームはペルソナ3や4の流れをくんでいるのでほとんど戸惑う事なく楽しめてます。
相変わらず敵が予想外の行動に出て一瞬で全滅する事もありますが、ストーリーだけ楽しみたい人には超簡単モードも用意されている様子ですし。ちなみに私はへたれメガテンユーザーの端くれとして普通で頑張ってます。
内容は公式からのネタバレ禁止令があるのでなーんにも言いませんが、大体想像通りで進んでます。ストーリー楽しいし、日常生活も楽しいし、時々何やればいいのか忘れる時もあるけど概ね楽しくやれてます。
しかしながらクリアにめっちゃ長い時間がかかるらしい噂は聞いているので、気長にやっていこうと思ってます。