So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

アライアンス・アライブ [ゲーム]

先程無事エンディング拝見しました!

アライアンス・アライブ

アライアンス・アライブ

  • 出版社/メーカー: フリュー
  • メディア: Video Game


プレイ時間は38時間。やりたいことはやったのですが、完璧なやりこみはできてません。
機会があれば強くてニューゲームやりたいなーと思ってます。

ストーリー 村山さんらしさが随所にありました。自ら進んでいくタイプの女子キャラとか。全体的に許すRPGだと思いました。敵を許す、考え方を許す、存在を許す、まあ色々ありますが、首を斬れという選択肢で斬ってはならないRPGでもあります。そのあたりが幻水らしくて笑ってしまいました。イベント的にはビビアンとイグナスが恵まれていることもあって、男女キャラクターでそれぞれ1位らしいです。女子に仕える男子ということで、私の中ではイグナスは初期解放軍のフリックさんなんですけど、多分フリックさんよりはかっこよくて頼りになりますv 
ですが、一番好きなキャラはレンツォさんです。女好きキャラはあんまり好きにならないんですが、明るいところに裏がないところ、等しく作った明るさではないところ。程よくへたれで、人の良い普通のアニキであることとか、バルバロッサさんとの程よい信頼関係とか、好きです。牢屋の中でのバルバロッサさんとの会話が好きです。後は、潜入のところでのバルバロッサさんのさりげない信頼とか。宴のところでのいいアニキ具合とか。某キャラが仲間になる時に、みんなに「おまえが言うな」と突っ込まれたところとか。普通のところがほんと好きで、弓専任キャラとして行動キャラにもしてました。
が、肝心要のラスボス戦で戦闘不能に陥った直後にみんなが想いを語る台詞が始まって、ひとり倒れたままで台詞聞けなかったです。すまん、レンツォ……でも、先頭キャラだったからか、ラスボス突っ込み担当になってましたが、ラスボスが「行くぞレンツォ」と言ってあまりの似合わないリーダーっぷりに笑ったりもしてました。いやー、2番の人です彼は。そういうところが好きなのかな。
仲間キャラはみんないいキャラ多かったと思います。女子が本当に強いキャラばかりで、みんな仲良しでした。とは言え男子好きなので、ラスボス戦は男子ばっかりでしたけれど。他にもあんなキャラとかこんなキャラがいたので、2周目やる時は使いたいなあと思ってます。
やりこみ要素はたくさんあると思います。とにかく仲間が多い。そういうところも幻水らしいなと思ったところですが、イベントが少ないために、個性のあるキャラは少なかったです。本拠地要員の仲間としては、ヘルワードさんが大変私好みだったのですが、もうちょっとイベントあったらなあ。もしくは戦闘で使えたらよかったのですが……戦闘苦手キャラですが。
そんな感じで、おおむね大変楽しくやれました! RPGやりたいなーって時には良いと思います。古き良きRPGという感じですし、幻想水滸伝が好きなら、端々に感じ取れる幻水風味に、ニヤニヤできます。敵も憎めないのが多かったんですよね。あの敵はかっこいいなーと思ったキャラもいました。貫いてるところがかっこいい。ラスボスだけは何考えてるのが実はちょっとわからなかった事もあるのですが。

次は確定していて、3DSの方のドラクエ11です。楽しそうなので、まったり頑張ります。


アライアンス・アライブの幻水らしさ [ゲーム]

アライアンス・アライブは順調にまったりやっております。
後半戦になっていくにつれて、幻水らしさに自重がなくなって笑ってます[黒ハート]

そんな訳でネタバレしてますので、見たくない人は注意!

アライアンス・アライブ

アライアンス・アライブ

  • 出版社/メーカー: フリュー
  • メディア: Video Game

あまり幻水の事は考えずにゲームとして楽しもうと思っているのに、そこかしこに幻水らしさがただよってくるから、ついつい見つけたくなっちゃうんですよね。
台詞回し。「とほほ」に爆笑しました。フリックさーん、いじられてるよー。と思わず言いたくなってみたり。
うさぎのにんじんイベントではジョウイが牢屋で主人公に言った迷言を思い出してみたり。
仲間をたくさん集めるゲームですし、出陣の時の掛け声も幻水らしいし、図書ギルドのキャラクター調査はリッチモンドさん彷彿とさせるし、3部隊わけるのは戦争イベントっぽい空気もあったりとか。
雰囲気は女子が本当に強いし頼りになります。ちなみに先日公式の人気投票があったのですが、1位2位が女子キャラクターだったそうで。男性キャラ一番キャラはちなみにオデッサさんの彼氏的フリックさんだと私は思ってるキャラです。だから、ビビアンさんがお亡くなりにならなきゃ私の趣味じゃないんですよー。
私的に好きなのはレンツォさん! もうほんといい人です。そこかしこで果てしなくいい人で、なんだかテキトーなところもありつつ真面目だし、良いアニキだし、バルバロさんとのさりげない信頼関係とか私好みです。
ストーリーは最難関と呼ばれたところをクリアして、そろそろ中盤から終盤にさしかかったところかしら。戦闘が歯ごたえある時も多いので、片手間にできる感じでもないけど、RPGを楽しみたい人には文句なしに楽しめると思います。

アライアンス・アライブ [ゲーム]

とりあえずこれを言わねば幻想水滸伝ファンは名乗れません。
村山さん、お帰りなさい―――!!!!


アライアンス・アライブ

アライアンス・アライブ

  • 出版社/メーカー: フリュー
  • メディア: Video Game


そんな訳で、幻想水滸伝1~3(完成直前)までの生みの親、村山さんがRPG界に帰ってきました!
アライアンス・アライブです。購入して早速プレイ始めました。

シナリオは問題なし。ヒロインがナナミちゃんみたいだなーとか、トカゲさんがジョー軍曹ポジションかしらとか、これ待つことに対するポリシーじゃないの!!!(フリックさんが言いそう)とか、レンさんの飄々としたばっさり感が好感度高かったりとか、楽しくやれてます。
BGMは浜鍋さん。いい曲作る人ですが、個人的には壮大すぎてねむくなったりしないでもないけど、聞いてて聞き流せるものばかりで悪い曲はないです。
システムはサガシリーズっぽい……と言ってもサガと言えばロマサガミンストレルソングしかやりこんでない私が語れることではないのですが、ひらめきみたいな覚醒が楽しかったり、戦闘もスピーディーでかつ2倍速とかもできるので、さくさくできてます。フィールドもありますが適度な広さでRPGらしい楽しさができてます。
声優さんはついてません。声なしRPG久々だったので、最初少し違和感がありましたが、すぐ慣れましたし、やっぱりRPGは声無しの方が好きだなあとか思っちゃったり。
イラストも最初独特だなあと思っていたけど、今は慣れてちょっとした表情の動きがかわいいなーとか思ったりしてます。

そんな訳で、楽しくプレイしてま~す!

少年魔法士が最終巻 [漫画]

先日、少年魔法士の最終巻が発売されました。

少年魔法士 (19) (ウィングス・コミックス)

少年魔法士 (19) (ウィングス・コミックス)

  • 作者: なるしま ゆり
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2017/05/25
  • メディア: コミック


懐かしいウィングスのコミックです。不定期にずっと連載していたのですが、この度無事最終回を迎えて、先日最終巻も発売されました。

レヴィさんが好きで、その顛末だけが知りたくておっかけてきましたが、無事最後まで見届けられました[わーい(嬉しい顔)]
レヴィさんほんと私好みだと思うんですよね。へたれで、ダメな部分たくさんあって、それを自覚していて頑張っていて、一方で世界で一番の結界師で。レヴィさんの幸せは本当にわかりやすくて、複雑な物語の中のとっても単純な部分だったことがさらにいいなあと思った次第です。レヴィさんに複雑な感情抱いている部下の人も好きだったけど、最後の顛末が描かれてなかったのが残念だったかな。レヴィさんはこれからどうするんだろう。楽園で生き続けるのか、それとも、やっぱりパパやりたくて戻ってくるのか。
最後のエピソード的には、嫉妬して拗ねてるところがかわいいなと思いましたし、途中のらっきょうエピソードが大好きだったり、主人公Sに信頼されて頼りにされているところと、それを喜んでいるところが大好きでした。

ずっと買い続けてた漫画が終わるのはやっぱりさみしいなと思うけれど、ちゃんと終わってくれて嬉しいとも思っています。最近新しい漫画を開拓できてないのだけれど、そろそろ何か探すかなーとも思いつつ。

スターオーシャン5 [ゲーム]

思えばながなが日記をかいてなかったけれど、おおむねいつも通りに元気してました。

さてさて、まったりゆっくりやりすぎてなかなか終わらなかったスターオーシャン5のエンディングを先ほど無事拝見いたしました。



プレイ時間は結局27時間位でした。やりこみはしてません。
で、感想。

エマーソンさんが主人公でした[わーい(嬉しい顔)]
いや、ちゃんとフィデル目立ってるんですけど、最後にナレーション担当してるから、余計に目立ち方が半端ないし、スターオーシャンシリーズと言えばな一族ですから格が違うというか。まあへたれ一族なんですが。
ゲーム内容はエマーソンさん中心に楽しみました。仲間内ではヴィクトルさんが好きで、そんなヴィクトルさんがエマーソンさんを真面目に褒めまくって、いつもちゃらいエマーソンさんがめっちゃ戸惑ってるのに噴きましたよ。そりゃあ、一族とか家系の上滑りの褒め言葉には慣れてるけど、あそこまで正面から本人自身を褒められたことがあんましなかったからかなーとか思ってみたり。ついでに言えば途中、「引いて立て直した方がいい」というヴィクトルさんに「ひけない時もある。おまえならわかるだろ」とかエマーソンさんに言われてましたが、そこまでの信頼どこで構築されたの、と笑い所でした。
あと、物凄くストライクだったのはドラクロアさん。名前さえ覚えられない位のモブなのですが、恐ろしい程の美人で、思わず出てきたときに2度見しました。名前がめっさ悪役なんですが、キャラクターとしてはエマーソンさんの副官で、実戦はちょっと苦手だけど信頼感は絶大。めちゃめちゃなエマーソンさんにいつも苦労させられてる感と、たまにちょっと心配されてたところがキュンときました。

ストーリーはまあ、スターオーシャンですから可もなく不可もなくですね。
他はともかくヴィクトルさんだけは、なんで仲間にいるんだろうと時々思わないでもなかったです。まあきっと、ものすごく律儀な人なんだと思ってますが。

残念なのは戦闘。ばっさり感が足りない。なんだかひのきの棒で敵をなぐってる感があって、その切れなさ具合の感覚がストレスだったなーと。
いろんなキャラも自由に使えたのですが、戦闘が終わった後に歩く担当のフィデルにいちいちキャラクター変更されるのがめんどくさくて結局最後までフィデル使ってました。わずらわしさがなかったら、ヴィクトルさんとかエマーソンさんとか使いたかったなーと思いました。

映像は無駄に綺麗です。何が無駄って、その無駄の部分がスターオーシャンたる所以というか、宇宙戦闘ですね。オタクが楽しそうに作ってる感が見ていても楽しいです。あそこまで気合入れずともいい普通のシーンなのに、多分一番気合入ってたんじゃなかろうかと。

街から街への移動も大変で、フィールドも広め。瞬間移動が使えるのがかなり後になってからなので、それまでは歩くのが大変すぎて、結局脇道はあんまりそれられなかったです。ただ、瞬間移動が使えるようになってからは、色々依頼もこなしましたが、瞬間移動もちょっとめんどいところがあるのが、まあスターオーシャンですから。

で、スターオーシャンと言えばウェルチです。今回もウェルチ健在で楽しくていいキャラでした。ほんと、あのキャラ好きだなあと改めて。ウェルチだけイベントはちゃんと拝見しましたよ。まあ、スターオーシャンを楽しむ上ではウェルチを外しちゃだめですね。で、ウェルチの担当と言えばアイテムクリエイションなんですが、そっちはあんまりだったかなあ。最後の方は自由素材で自由にできるのもあったけど、普通の部分は何ができるのかというワクワク感が少し乏しかったなーと。

以上。不満はあるけど、それなりに楽しかったと思います。いい暇つぶしでした。ちなみに普通難易度でやったら開始早々に全滅したので、イージーモードに切り替えてやったのにいろんな場所で全滅とかハラハラしたりとかしてました。スターオーシャン相変わらず難しいなあと改めて。

続いてドラクエヒーローズ2始めました。
そういえばピサロ様今回はオンライン専用キャラなんだ……って悲しく思いつつ、ククール君を楽しみに進めようと思います。



前の5件 | -